血行をよくする

血行は全身をあっためるエアコン


これ、新小山市民病院理事長兼院長を務める島田和幸先生の言葉です。



なるほど!
わかりやすい。


ということは、自分は冷え性だなぁとか寒がりやだなぁって自覚してる人は、血行をよくするにはどうするか?気になりませんか?


私は夏より冬が苦手。
もちろん一般的な人よりも寒がりやだと思ってるので気になりました。



血行促進の決め手はズバリ血流ですよね。


これは


自律神経

ホルモン

血管



この3つによって調整されてるんだそうです。


どれも加齢とともに衰える。
でも日常生活に血行を良くすることを取り入れると大きな差が出るはず。



この中で血管のアンチエイジングをする習慣を紹介します。



食事の塩分を減らす。
オリーブオイルやえごま油が結構おすすめです。
たとえば、厚揚げや納豆とかにかけると洋風になります。


糖質制限もかねて、とんかつやコロッケ、などにもおすすめ。
サラダもドレッシングじゃなくってえごま油に変えるというのもあります。
この場合は味が薄いのでマヨネーズ使っちゃいます。

あれ?


マヨネーズって塩分なかったっけ?
と思って調べたら、あることはありますが、わずか。
醤油や味噌ソースなどより全然少なかったです。( `ー´)ノ




あとは、ナトリウムの再吸収を抑え尿と一緒に排出する働きがあるカリウムが多い、大豆、イモ、カボチャ、ほうれん草などもいいですね。


こういった食事による血行促進、血管のアンチエイジング効果の他に運動がありますね。


忙しい方でも通勤時の歩行スピードを意識してあげる。エレベーターは使わず階段を使う。
電車内では立つようにする。

これだけでもかなり違いますね。