加齢黄斑変性

加齢黄斑変性とは、黄斑の加齢に伴う変化によって起こる疾患で、高齢者の視覚障害の原因の一つだそうです。



病名に「加齢」とあることからも、年齢が高くなると発症しやすくなります。
いわゆる老化現象。

また、喫煙者は発症する頻度が高いことがわかっているそうです。
その他の原因として、太陽光、高血圧、偏った食生活、遺伝。


目の中の網膜・黄斑部に集中して存在する色素をルテインといいますが、このルテインを守る専用のサングラスもあります。
 ↓



もちろん紫外線も
ウルトラガードはほぼ100%カット

目元のスキンケアとしても利用されていますね。